2020年02月19日

おめでた!




今日、ロータリー定例会に参加している時、隣の女性がニコニコと幸せそうな笑顔を私に見せながら、
「内田さん、“おめでた”だそうで、おめでとうございます!」とおっしゃられました!!(笑)

大爆笑でした!!

その女性は、本気でおっしゃられてて、私のご懐妊が噂になっているそうです。(笑)
嬉しい情報ですが、期待に応えれずすみません。

「太ったからじゃないですかー?」と、可笑しくて可笑しくて笑いが止まらず、しかし、高齢出産を本気で頑張ってみようかと思った内田です!

しばらく、プロ級のスノボは止めておきます。(笑)
posted by うちだりさ at 18:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月18日

南国宮崎が、雪化粧!

IMG_20200218_084810_081.jpg1582050069888.jpgDSC_7177.JPGDSC_7179.JPG

宮崎県五ヶ瀬町です!
今から、自民党若手県議と青年局で五ヶ瀬ハイランドスキー場を調査です!
五ヶ瀬町を、応援しています!

みなさん、今月はぜひ、五ヶ瀬ハイランドスキー場へ!!!

もうすぐで、五ヶ瀬町鞍岡に着きます。
車中は、広瀬香美♪
posted by うちだりさ at 09:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

延岡の産業を、教育とコラボで観光に!

sketch-1582018673781.pngDSC_7139.JPGDSC_7140.JPGDSC_7143.JPG

よく聞かれます。
「延岡には、何がありますか?」と。
延岡市民の皆様は、どのように答えられますか?

私は、県内あちこちで、「旭化成の煙突を、ストローがわりに使っている内田さんです。」と紹介されるようになりました。それで掴みはOK!どっ!と、笑いが起こります。
延岡をイメージしやすい「旭化成の煙突」。
延岡は、「工業のまち」というイメージが強いです。
延岡の観光は何か?との問いには、答えはたくさん出てきます。たくさんあります。
しかし、延岡オンリーと言えば、私は、「工都延岡」だと思うんです。(神話や食、たくさんの歴史も棄てがたいが。。。)旭化成は、工場見学をさせてくれます。予約すれば、町工場も見学をさせてくれる企業はたくさんあります。見学をすると、発見の連続。その度に、「子どもたちに、見せてあげたい。」「保護者の皆さんにも、教えてあげたい。」と、思うのです。見て学べば、魅力にとりつかれます。働きたい。働かせたい。伝えたい。発信したい。たくさんの思いにかられると思います。

学習は、インプットで終わってはダメです。アウトプットさせることが大切なんです。それは、子どものうちから学校以外で体験させることが大事だと思います。

延岡は、工業のまちでありながら、水質連続日本一を誇る自然豊かなところです。大地の恵みから食には自信があります。飲食店にハズレがない…と、良く言われます。

産業を教育に。産業教育をツアーに。
今日は、歴史ある延岡市立岡富中学校の校長室で、観光研究会の会議の総まとめを行いました。
1年間のまとめが、いよいよ、形になります。

お世話になりました。頑張りましょう!
posted by うちだりさ at 01:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドリームプランに浸る。

DSC_7130.JPGDSC_7120.JPGDSC_7117.JPGDSC_7116.JPGFB_IMG_1581932626015.jpgFB_IMG_1581932592679.jpg

みなさんは、夢を語ることがありますか?
人前で、夢を語る機会がありましたか?
自分の夢を、大声援で応援してもらったこと、ありますか?
自分は、なんで生きているのかを、真剣に考えたことがありますか?
両親や家族、友人、恩師、地域の方々に、感謝して生きていますか?

夢は、逃げない。常に自分の前に、ある。
私は、プレゼンターの皆さんの夢を、見ました。
純粋な姿に、感動をいただきました。
年齢なんて、関係ない。。。
夢もみなさんも、輝いていました。

自分を振り返る、良い時間をいただきました。
夢を叶えるプランに、協力できる人へとなりたいです。

ありがとうございました。
付いてきてくれた息子にも、ありがとう。
posted by うちだりさ at 00:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月17日

荒谷延命地蔵尊大祭

DSC_7109.JPGDSC_7110.JPGDSC_7111.JPGDSCPDC_0002_BURST20200216095708098_COVER.JPG

荒谷延命地蔵尊は、宇納間地蔵尊より歴史が古く、火伏せ地蔵とも呼ばれています。
大祭では毎年、御札や延命茶、お赤飯をいただき、健康を祈願しています。

宮崎県延岡市北方町荒谷地区は、茶園が広がるのどかな地域です。釜入り茶日本一の茶園は有名です。

写真は、地元北方の市議会議員 甲斐ただあつ議員と。ありがとうございました!
posted by うちだりさ at 23:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3月30日より、南道路の料金が変わります!

DSC_7077.JPGDSC_7090.JPGDSC_7105.JPGDSC_7107.JPG高岡町へ、みちづくりを考える宮崎中央女性の会の総会に参加しました。地方整備局の職員が毎年200名以上削減され続け、人手不足が起こり、道路や河川などのインフラ管理といった基本業務に支障をきたしてきたが、国会では増員を目指し、今年度、増員を果たせたと武井代議士より報告がありました。東九州道・中央道の建設促進のためには、女性や若者の意見も大切です。片道1車線では、救急搬送もままなりません。災害時においても命の道であることを、しっかり示していきたいと思います。また、延岡南道路の通行料金が3月30日より変わります。そのため、現在、新しい料金所が設置されています。ETC車で南道路を降り、門川or日向インターチェンジで一定時間内に乗り直した際(迂回した際)、生活道路に降りて迷惑走行したとみなされ、南道路を走行していなくても料金を払わなければいけません。日向or門川インターチェンジで降り、南道路で乗り直しても同じです。普通車や軽自動車にETCをつけていないと、南道路で降りる際、料金所で一旦停止をし、領収書発行の赤ボタンを押す必要があります。ですので、軽や普通車の方もETC設置をお勧めします。3月までは、ETC補助金制度があります。地元ではない延岡選出の私が高岡町の総会に参加した理由は、宮崎県の女性のみなさんが早期高速道路整備のために頑張っていらっしゃるから。延岡からも駆けつけるんだ!と、道路の重要性を少しでも感じ取っていただきたいから。九州中央自動車道は、共用開始までに10〜20年かかるとスケジュールが示されています。まだまだ、粘り強く頑張りましょう!!
posted by うちだりさ at 22:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神話発信基地ができました!

DSC_7146.JPGDSC_7147.JPGDSC_7150.JPGDSC_7151.JPGDSC_7152.JPGDSC_7153.JPG

今日は、昨日オープンした「納屋カフェ 縣塾」でランチをさせていただきました。手作りで美味しかったです。ちなみに、マラカスは「呼び鈴」です!マラカス振ったら、本当にマスターが来てくれました。(笑)

早い時間だったので、ランチ初のお客となりました。

この古民家は、セレクトショップや古着屋でもあり、カフェもでき「神話発信基地」でもあります。これまでも、神話の勉強会が行われてきました。

ここは延岡市三須町。三須は、宮殿や社寺などのすだれである「御簾(みす)」を意味する地名だそうです。ニニギノミコトとコノハナサクヤヒメが出逢った笠沙の岬(愛宕山)の下にある三須町。貝塚もあります。三須町のお隣は、コノハナサクヤヒメからつけられたと言われる「小野町(この)」。
神話ゆかりの地名がたくさんあることもあり、神話発信基地としてここで勉強していくことが、楽しみです。
posted by うちだりさ at 20:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月14日

恋は魔法

_20200214_201952.JPG_20200214_202231.JPGDSC_7066.JPGDSC_7071.JPG

恋は魔法とはよく言うが、、、

息子が夜な夜な、来月のホワイトデーに向け、「みたらし団子」作りの練習を始めました。
みたらし団子???
年上好みなのか。。。

まぁ〜、1ヶ月もあるし、今から練習しとけば喜んでいただけるに違いない!
posted by うちだりさ at 20:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月12日

共生

DSC_7009.JPGDSC_7005.JPGDSC_7006.JPGDSC_7003.JPG

1980年設立、宮崎キヤノンの新工場を視察させていただきました。
キヤノンと言えば、初代社長である御手洗毅さんが大分県蒲江出身なのは有名です。
昨年8月から操業開始した高鍋工場は、キヤノンの企業理念である『共生』をモットーに、共生に根ざした企業活動に取り組み、例えば近くの河川敷で清掃活動などの環境美化活動や、小中学校へ出前授業やジュニアフォトグラファーズ、インターンシップを実施しています。
また、従業員1107名、平均年齢34歳、2019年新卒者は県内62名、うち西都児湯郡で16名と、宮崎県にとても貢献していただいています。

工場の中は、とても綺麗です。カメラ、ビデオカメラ、コピー機がメインですが、これからは、防犯カメラや車載カメラなど、あらたなる挑戦へ意欲的でした。
「世界の繁栄と人類の幸福のために貢献していくこと」をめざし、共生の実現に向けて努力を続けるキヤノン、魅力的です。
posted by うちだりさ at 20:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月11日

おくりいえ「後藤邸」

DSC_6998.JPGDSC_6997.JPGDSC_6979.JPGDSC_6984.JPGDSC_6985.JPGDSC_6987.JPGDSC_6986.JPGDSC_6994.JPGDSC_6993.JPGDSC_6995.JPGDSC_6992.JPGDSC_6999.JPG

今日は、学芸員の増田さん、建築士の岩本さんの講話により、後藤邸の歴史秘話ヒストリアを聞くことができました。
そもそも、延岡市役所周辺は円墳や遺構などの発掘がみられました。
近世では、藩主が高橋氏、有馬氏、三浦氏、牧野氏、そして内藤家が最後に延岡を治めましたが、本小路、東本小路、桜小路など城山を囲むように「小路」がつく道は、御家中が住み、武家屋敷が並んでいたそうです。後藤邸のある場所も、武士が住んでいました。
昭和12年、延岡市役所と県立延岡図書館が全焼しました。同年、後藤作次郎商店を営む後藤作次郎さんにより「後藤邸」が建築されたそうです。その後、昭和20年、またしても戦時中の空襲により延岡市役所は全焼。しかし、市役所の隣の県立延岡図書館と、図書館隣の「後藤邸」は空襲から免れたそうです。
83年経った今も、当時のまま、しかも贅沢な造りのままで残っています。
後藤家は、初の日本一周飛行に成功した後藤勇吉氏とご親戚だそうです。後藤家は、裕福な一族だったようです。以前も書きましたが、あの国立競技場の建築家 隈研吾さんは、後藤勇吉さんの親戚ですから。ひと味違う血筋ですね。

後藤邸の見所は、たくさんありました。
一本物の長い丸太が、桁に3本も使われています。希少価値の高い柿の木でできた黒柿が床の間に使われていたり。雨戸は濡れることのないよう、室内から出すことができたそうです。出窓は工夫が施され、玄関のタイルはモダンなデザイン。お庭も以前は錦鯉が泳いでいた池。

解体するのが、もったいないですねー。
解体後の後藤邸のDNAを残す取り組みが、始まりました。
後藤邸の一部でも残していただけるように、署名活動へのご協力、よろしくお願いします。
posted by うちだりさ at 22:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする