2018年10月19日

立候補を表明させていただきました。

_20181018_234901.JPG_20181018_234959.JPG

昨日は、後援会役員の会議を開き、本日は、約1時間の記者会見の場をいただき、県議会議員選挙への立候補表明をさせていただきました。

以下、私が語った覚えている限りの内容、そして印象に残った質疑応答を書かせていただきます。

私は、12年前、「子育てを支援したい」「延岡には何もないと言わせない」「政治に無関心な若者に関心を持ってもらいたい」と3つの目標を掲げ、選挙に出ました。現在市議を3期、12年務めさせていただいております。
子育てにおいては、これまで、病後児保育の充実のための子育て支援センターの拡充を訴え、(仮称)子どもの城の建設が目の前となりました。文科省へ独自に勉強へ行き、宮崎県内でパソコンの整備が一番遅れてることが分かり、ICT整備のための国の事業を提案し、昨年からICT整備が進んでいます。また、教育予算が年々減っていることが分かり、教育の重要性を訴え、予算を減らさないようにお願いし、12年間、減らされていません。
延岡には何もないと市民が言わなくなる取り組みについては、延岡の神話とアウトドアの質問を延岡市議会で初めて行い、歴史や食の観光を推し進めてきました。政治に関心を持ってもらう取り組みは、県北女性議員の会を立ち上げ、また、若者の勉強会やまちづくり活動を積極的に行ってきました。

来年は、ラグビーワールドカップがお隣の大分県で開催され、再来年はいよいよ東京オリンピック・パラリンピック、それに合わせ宮崎県で国民文化祭、そして2026年には二巡目国体も開催されます。延岡市にどれだけの効果をもたらすかが鍵であるが、いまいち、その波に乗れていないのが延岡市であると思います。
一方、高校を卒業して宮崎県を離れる若者の数が一番多いのも宮崎県で、人口減少率が最も多いのが延岡市であります。第一次産業、工業、商業、建設業、保育園、幼稚園、医療、介護福祉など、人材が不足しているといった深刻な課題が山積みであります。

そのような中、若い人がもっと頑張らねばならない!!といった思いで、私は県議会議員選挙へ出馬しようと決意した次第です。

延岡は、高速道路が通ったが、県庁が遠く感じるところだと思っています。
県には、たくさんの優秀な職員、専門家がいて、全国でもトップクラスの研究機関があるにも関わらず、まだまだ延岡市は県との連携が十分にはかれていません。
私には、県をはじめ、県内に多くの仲間がいます。その方々の協力を得ながら、さらに県内に仲間を増やしながら、延岡の市民、そして延岡市議会との、私が「県庁の窓口」となり、県との距離をグッと縮めます。
今や行政は、自治体単位だけで政策するのではなく、広域的な連携を深めて共に地域のポテンシャルを上げていかなければ生き残れません。つまりは、横の連携が非常に大切です。
もっと県と繋がり、もっともっと県内の仲間と繋がり、九州に多くの仲間をつくることによって、必ず宮崎県は、若者が戻ってくる県、日本一住みやすい県、日本一子育てがしやすい県になれます。そのために私は、人と人を繋げるために、全力で動きます。

地域間競争の時代は終わりました。今は、地域間連携の時代です。
連携は、私が得意とするところです。延岡市の10倍もある宮崎県の5800億円の予算を、私はこれまで以上に10倍動いて県北地区のポテンシャルを引き上げ、延岡市が県北のリーダーであるがごとく、引っ張っていけるよう、努力します。

「教育、子育て、人材育成」に一番力を注ぎ、「防災」、「第一次産業」、この3つが柱として、「食と観光」、「スポーツ」、「環境保全」、「健康長寿」、「働き方改革」に力を注ぎます。

37名の県議会議員がいますが、女性は2名しかいません。私には小学生と高校生の2人の子どもがいます。先ほど「働き方改革」と言いましたが、私は選挙の戦い方も男性とは違います。朝の辻たちも時間的にできません。子どもたちを学校へ送ったりもしています。私は、朝は子供や夫のお弁当を作り、朝昼晩の食事を必ず作っています。夫には、家事、育児を手伝っていただいています。働き方改革を自ら、この選挙を訴える場にもしていきます。女性として、母親として教育、子育て、人材育成に力を注ぎます。また、防災士、野菜ソムリエとしても活動してきました。防災教育、第一次産業のフードビジネスの推進、これが私の強みだと思います。

私は、延岡市と宮崎県を繋ぎます。
そして、子育て世代、働き盛りの代表として、みなさんと一緒に、宮崎を、延岡を、「子育て環境日本一」、「教育環境日本一」を目指し、将来の宮崎を担う人材の育成に尽力します。

【質疑応答】
Q 県北女性議員の会とは?
A 五ヶ瀬町の小笠議長と私が発起人となり、立ち上げました。県北の党派は関係なく女性議員が10名集まりました。定期的に勉強会を開き、学んだことや自治体の共通課題などを、それぞれが議会質問に活かし、女性特有の悩みをみんなで話して励ましあったりしています。例えば、県北にある九州保健福祉大学の保育学科が募集を止めました。これは、県北の保育機関にとっては深刻な課題であり、共通の課題として一斉に質問をする・・・といったことです。

Q県議の姿が見えないなどの声を聴くが、そのことについて、どう思うか。
A 市議は延岡に定着し活動し、県議は宮崎県という広い範囲での活動となるので、市議より姿が見えないのは当然だと思います。しかし現在は、SNSで情報や活動などを発信できますし、市役所や市議と連携を図りながら、例えば、県議と市議とで一緒に報告会を行ったり、県の予算が出た時には市議と県議で勉強会をしたり、市内の活動に参加したりと、県議を身近に感じていただける術はたくさんあります。私は、その点は努力していこうと思います。

Q 県庁が遠く感じるとは、どういうことか。
A 例えば、延岡市はフードビジネスをもっと推し進めなければいけませんが、県においては農業産出額は全国6位でありながら、食料品製造出荷額は全国31位に大きくランクが下がっています。県の農業試験場や工業技術センター、食品開発センターなどを延岡市は活かしきれていないと思います。これは、情報が不足しているためであり、県議がもっと、市や関連機関に情報を提供するべきだと思っています。県の出先機関が延岡にはありますが、県庁に行かないと分からないことがたくさんあります。私は、延岡にとって県庁の窓口となれるよう頑張ります。

Q 熊本の女性議員を応援するといったことはないか。
A 飴を議場で食べながら・・・とか、赤ちゃんを抱いて議会へ臨むとか、あんまり女性議員の中でも話題になっていませんが、ただ1つ言えることは、私は2期目の時に妊娠、出産を経験しました。延岡市議会の男性議員の皆さんは、本当に理解がありました。休め、休めといつも心配してくれました。私が休まなかっただけで、男性の方々は祝福してくれ応援してくれました。私はいろんな面において、感謝しています。日頃が大事なんじゃないでしょうか。

Q 自民党で出ないのか。
A 無所属でも出馬する覚悟です。

Q 延岡市は、ラグビーワールドカップなどの波にのれていないのか。
A 多言語化や民泊、インバウンドへ向けた環境整備がまだまだ十分でないし、大分県に対し、連携を図っている佐伯市に対し、食事は延岡で、宿泊は延岡で・・・など、提案やPRに行っていないと思います。また、駅の再開発や内藤記念館の整備も、オリパラや国民文化祭に完成が間に合わないのではないので、やはり効果を見込んだスケジュールを立てるべきだと私は思います。そういった意味で、波に乗れていないと思うので、県と今以上の連携が図れるよう、努めたいと思います。
posted by うちだりさ at 00:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月17日

品評会

DSC_4905.JPGDSC_4882.JPGDSC_4917.JPG

昨日と今日は、作業着に長靴はいて北方、北浦、北川町の「子牛の品評会」に出席しました。
現在、飼養頭数 4695頭で昨年より22頭増、飼養戸数540戸で36個減。

優良の子牛は、表彰式へ!
議長賞を代読させていただき、来賓挨拶もさせていただきました。
生産者の皆さまが、我が子のように子牛をなぜる姿、審査を待つときの真剣な眼差し。我々は、食の恵みを感謝しながらいただかないといけないと強く思います。
頭数が増えても農家数が減っている実態。
担い手となる若者たちが、畜産農家に憧れを持っていただけるような取り組みが必要だと思いました。
そのような中、「べこちゃん乙女会」の女性の方々が、活躍されていました。女性が益々輝けるよう、飼養環境を整えることも、大切ですね。
posted by うちだりさ at 22:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドジでマヌケな亀!?

DSC_4894.JPGDSC_4896.JPG_20181017_023645.JPG_20181017_023625.JPGDSC_4901.JPG

また、ドジをしてしまいました。(涙)

往復ハガキの「返信」と「往信」を、印刷ミスしてしまいました。逆!!!

後援会の案内や新聞、報告会のお知らせや案内ハガキ、チケットなど、自分で夜な夜な作っているのですが、往復ハガキの印刷をまた、間違えてしまいました。しかも、100枚もあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

とりあえず200枚、完成させましたが、明日、失敗したハガキを郵便局へ持っていかなきゃ。インクも、もったいなかったなぁ〜

落ち着け〜
落ち着け〜

また、日が昇るなぁ〜
テレビも先に寝ちゃったし。

あ、今、私の報告会の案内を作っています。
明日は、後援会の役員会をするので、報告会のお知らせとチケットを慌てて作りました。カットや印鑑押しは、支えてくれてるお友だちがやってくれています。感謝です。ありがとう。

まだ、作らないといけない資料が、いくつかある。。。

ご案内です。

「うちだりさ市政報告会」

11月22日(木)18時30分より
マリエール・オークパインにて
会費 3000円
どなたでも、ご参加できます。よろしくお願いします!
posted by うちだりさ at 02:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

退職放浪公務員

1539615604824.jpg1539615532776.jpg1539615516133.jpg1539615562540.jpgDSC_4876.JPG1539577192365.jpg

五重縁の会主催、のべおか郷土愛を開催。
鵜島さん、最強でした。
素晴らしい退職放浪公務員さんです。

延岡市内の伝統文化を知りつくし、文化庁の伝統文化子ども教室助成を全国で一番、延岡市に引っ張ってくれました。地域文化は息を吹き替えした…と、鵜島さんは言います。
生い立ちから学生時代、お接吻、結婚、市役所職員当時のバリかぶった出来事など、笑えない話に大笑い!鵜島さんは、何でもお笑いにしてしまいます。不思議な魔力を持った方です。

30ヵ国以上、普通行かないような海外へ旅行に行かれ、その体験談は本当に面白いです。シリアやネパール、パタゴニア、イエメン、インドなど、全て「延岡弁」で話すそう。必ず、訪れた国が好きになる…と。日本のことはもっと、好きになる。
一生は一度だから、自分の好きなことをしたい。。。
人生、なかなか捨てたもんじゃない。
posted by うちだりさ at 00:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

ご案内

1539577192365.jpg

ご案内

今夜、19時から川中コミュニティセンターで「退職放浪公務員の鵜島さん」が講演されます。
延岡のレッドリストなんて言っては失礼ですが、絶滅危惧種に分類されそうなくらい面白く貴重な存在の方で、皆さんが知らない延岡の一面を、この方は知っている…そんな方です。

今日は、登山帰りにそのまま会場入りし、お話しをされます。楽しみです!

会費は、500円です。
どうぞ、気軽にご参集下さい。
posted by うちだりさ at 13:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

フラメンコ

_20181014_225147.JPG_20181014_225047.JPGDSC_4817.JPG1539526402365.jpg1539526406223.jpgDSC_4809.JPG

Oleeeeeeee!!(オレー♪)

日向駅前バッケーロ、20周年、おめでとうございます!
思えば、オーナーには議員になる前から大変お世話になったんです。今も変わらず、期待を裏切らないスマートな男性!でした。延岡市にも、ゆかりのあるオーナーです。

フラメンコ、かっこ良かったです。バッケーロに雰囲気がピッタリ。月1のフラメンコレッスンが、バッケーロで始まるようですよ。

これからも、ご案内、よろしくお願いします。
posted by うちだりさ at 23:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

少年野球

1539509826455.jpg1539509859704.jpg_20181014_231112.JPG_20181014_231050.JPG

東ファイターズ、2位!
南方が優勝!!

息子の野球の応援、間に合いました。お父さんたちが毎日練習にきていただき、大変お世話になっております。
私は、なかなか応援に行けなく、すみません。

息子は、「17番」。自分で大谷翔平だ!と言って、喜んでいます。二刀流になれるかなぁ。
posted by うちだりさ at 23:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

文化祭

DSC_4767.JPGDSC_4796.JPGDSC_4799.JPGDSC_4804.JPG

市内中学校では、文化祭が開催。
今日は、2ヵ所で観賞させていただきました。
合唱では、指揮者が腕をいっぱいに広げ、真剣な眼差しで歌うクラスメートの姿に、感動します。ずんずん、胸に響いてきます。
弁論や劇などを観ていると、仲間と日々練習を積んだ姿が目に浮かび、ウルッとしてしまいます。先生や保護者の優しい眼差しにも。

人生の中で、中学校生活は3年という貴重な時間。みんなで応援してあげたいですね。
posted by うちだりさ at 19:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こだいっちゃんカップ

DSC_4772.JPGDSC_4790.JPGDSC_4779.JPG

こだいっちゃんカップ、間に合わなかった。。。
山下新天街333mの直接アーケードを活かし、ちびっこの白熱したレースが展開され、のぼるくんもハッスルしたようです。

ヨツバサイクルのバイク、かっこ良かったです。体験試乗を次から次にキッズたちが。楽しそう!
延岡市内に常設のコース、欲しいですねぇ・・・、三井さん。

匂いに誘われサンロードへ。
楽しそうな雰囲気。良い感じ。。。
posted by うちだりさ at 18:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

全国都市問題会議に参加

DSC_4680.JPGDSC_4682.JPGDSC_4697.JPGDSC_4717.JPG

「市民協働による公共の拠点づくり」というテーマで、全国都市問題会議が新潟県長岡市で開催されました。
長岡市は、27万人都市。長岡藩の再興には人材育成が重要と考え、米百俵の精神が生まれました。受け継いだ方に、山本五十六司令長官がいらっしゃいます。
そんな長岡市は、長岡空襲を経験し、翌年、慰霊のための花火大会を開催。中越大地震も不死鳥のごとく復興。

空襲により8割りが焼け野原、長岡城も焼失。本丸跡に長岡駅を建設。しかし中越大地震時には、駅前はシャッター通りとなっていました。そこで、駅から2km離れた所に市役所があったのを駅前に移動させ、複合施設「アオーレ長岡」(アリーナ、屋根付き広場、市役所、議会)として平成24年にオープン。3大学1高専と市、商工会議所が連携し、また15専門学校も取り込み、様々な取り組みを行っています。
長岡市の交流センター羽賀センター長は、「行政は、用がなければ来ない場所だったが、用がなくても来る場所になった。」「箱からつくらず、人からつくる。」などおっしゃっていたのが印象に残りました。

なお、建設費135億円。維持管理に年間5億円かかるそうです。市民活動に年間3000万円ほどの支援があり、教育委員会では人材育成に年間5億円を投資、市内13ヵ所に「子育ての駅」を設置。「長岡方式」はとても魅力的です。

今回、12名の講師から学ばせていただきました。
歴史を重んじ、人材育成に投資する市政運営、そして市民の意見を結集させ新しい未来を築く取り組みなど、延岡で活かせたらと思います。
posted by うちだりさ at 10:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする