2015年02月05日

衆議院予算委員会で気になった点

今日は午前・午後、衆議院予算委員会を時間を見つけては、見ていました。
野党からの質問に、反問するような勢いで答弁される首相、また、民主党の辻元議員が今回も「総理、総理、総理…」の連発、、、印象に残りました。

その中で、山谷えり子国家公安委員長が答弁で、日本国内でのイスラム国の活動に重大な関心があると述べられました。
そして、イスラム国の情報を集め、分析しているそうで、自称ですがイスラム国の関係者と連絡を取っているという日本人がいること、ネット上でイスラム国支持を表明している人もいる…とおっしゃっていました。
国内で何か起こった際、警察の特殊部隊が治安部隊として活動することも。

委員会のやり取りを聞いていると、ここは本当に日本なのか?と、不安を感じずにはいられません。
しかし、国内テロは考えられます。日本人にはテロへの備え方はなかなか分からないのだろうと思いますが、ただ、この国会のやり取りはとても重要で、国民は政治に感心をもっていただきたいです。

また、岸田文雄外相は、後藤健二さんに対し外務省の担当が、電話や面会を通じ3回ほど渡航をやめるようお願いしたという答弁もされていました。

今、危険な地域に日本人が1人でも行かないよう、心から願います。
posted by うちだりさ at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする