2015年09月05日

延中野球部栄養会と江藤拓後援会会合

DSC_1642.JPGDSC_1638.JPG


今日は、同じ会場で2つの集まりがありました。

息子の野球の栄養会では、お母さんたちと楽しくお話しできて、嬉しかったです。子どもも親も、盛り上がりました。

栄養会の合間に、江藤拓代議士の話を聞くこともできました。

韓国が破綻しかけ、サムスンなど大手企業も悪化していると。韓国での年金は1万円もないと。中国は、1人っこ政策に失敗し、お年寄りが増え若者が減り日本どころの騒ぎではないと。東シナ海のガス田は軍事基地化し、戦闘機が離着陸しだすだろうとおっしゃいました。先日のパレードの意味が分かるか?と。

日本が攻められる時が来たら、政府は何をしてたか…と、今、安保に反対している方々は政府を責めるだろう…と。

絶対に日本は戦争をしないことは、誓います…とおっしゃられました。


拓代議士は、地方創生は地方はすでにやっているとおっしゃいました。雇用を生むために、高速料金をどこに行っても統一するのが良いと考えているそうです。企業の発展にとって、高速料金がネックになっているんだと。

また、子どもを増やすことが一番大事だと。3人目には100万円の祝い金をやってもいいじゃないかと。


幅広い話をたくさん聞きました。

国と連携してやらねばいけないことが、たくさんあります。
posted by うちだりさ at 22:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

差別は、余談と偏見によってつくられる

DSC_1636.JPGDSC_1635.JPG

土曜授業に参加しました。
宮崎公立大学の蔵坪恵常先生による「人権、いじめ」の講演。

改めて、いじめの怖さ、命の儚さ、人間の愚かさを感じることができました。
まさか!…と思っていることが、家族に起こるかもしれません。
子どもとは、何でも話せる間柄になってないといけないなと感じました。

差別は、余談と偏見によってつくられる。
先生の言葉です。
posted by うちだりさ at 14:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東九州メディカルバレー構想5周年記念大会

DSC_1623.JPG

昨日、県とメディカルバレー構想推進会議主催で、「東九州メディカルバレー構想5周年記念大会」が行われました。

国が医療機器の開発を支援する中で、どのように海外市場にのせていくか、販路開拓の課題が見えました。
そのような中、タイ王国のタマサート大学医学部長がご講演された内容に、九保大と協定結び、臨床工学科を作った話や医療用具に一緒に研究開発していきたい…といった将来性ある話を聞くことができました。

宮大工学部の介護ロボット製作もとても興味深く、国は、2020年までに海外展開などで50兆円の需要と284万人の雇用創出を目標としているそうです。

この県北でも、雇用にまで結び付くような開発や生産が進むとありがたいですね。
九保大の先生方のご努力、さらに支援できればと思います。
posted by うちだりさ at 12:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする