2015年10月13日

宮崎の地方創生とブランド戦略

DSC_2524.JPGDSC_2529.JPG


今日は、宮崎で行われた研修会に参加しました。

講師は、ブランド総合研究所の田中章雄社長でした。


宮崎は、福井に次いで2番目に魅力度が伸びているそうで、宮崎市の伸び率は、全市の中で1位になったそうでした。しかし問題は、宮崎へ行きたいといった意欲を持つ人が低下していっている点です。ぜひ、または機会があれば行ってみたい…と思う人が約6割ということで、チャンスはまだまだあると思われました。


課題は、自然が豊かで食材が豊富であるのに、具体的に食べたいものが浮かばれてないところです。年々、産品の購入意欲が低下していっているようです。

消費者のニーズから離れているのでは…と講師はおっしゃられていました。

ブランディングは、一点集中が分かりやすい。何でもかんでも魅力を出していると、イメージが薄れるのでしょう。


消費者の視点を大切に、産品に付加価値をつけて、食のまち延岡!らしく商品の開発が必要だと感じました。
posted by うちだりさ at 23:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする