2017年04月09日

スプリング・ハズ・カム

DSC_8039.JPGDSC_8048.JPG

映画「スプリング・ハズ・カム」、舞台挨拶に息子とお友だちと3人で行ってきました。
なんと脚本は、延岡出身の本田誠人さん。生まれ育った延岡の映画館で舞台挨拶ができたことに、深く感動されていました。幼少期、インディージョーンズを観たのがこの映画館だったのだとか。
本田さんの脚本は、仕掛けがたくさんあるのでワクワクします。息子が隣で何度も声を出して笑うのに、「笑うんだぁ〜。」と思わず再発見!(・・;)柳家蕎太郎さん演じる主人公と同じく、私も息子の笑顔にカメラを向けたくなりました。
見終わった後からじわ〜、じわ〜と、あったかな物が込み上げてきます。しばらくの余韻が心地よく、隣に座った息子と、私たちの近い将来を感じれるようなストーリーに、また親子の絆が深まったように感じます。
延岡シネマって、いいなぁ〜。
posted by うちだりさ at 00:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする