2017年12月18日

補正予算審査より

_20171218_094812.JPG_20171218_094756.JPG

議会定例会より
29年度の補正予算、二次補正予算は、11億5120万5000円と1167万7000円となっております。
私は、予算審査の委員長をさせていただいております。どのようなやり取りがあっているのか、一部を報告いたしますね。。。

・就学援助費
「準要保護児童生徒に係る新入学学用品額の支給額の、1人当たりの改定額と支給見込みの人数は?」
答「小学校2万470円から4万600円に120人。中学校が2万3550円から4万7400円に150人。」

・南延岡駅自転車駐輪場整備事業
「工事期間は?」
答「延岡駅前の仮設駐輪場の使用が来年1月末までなので、屋根を南延岡駅まで運搬し設置、3月中の完成を目指す。」
「工事期間中、南延岡駅利用者の駐輪場は?」
答「駅前の県道沿いに空き地があるので、借用できないか協議する。工事も工夫し一部を共用できるようにする。足りないときは、近隣の街区公園の活用も検討したい。」

・児童クラブ事業
「放課後児童支援員の配置に係る処遇改善加算が、新設されたことにより、支援員の処遇改善は?」
答「例えば、児童数が36人から45人までの児童クラブで運営費の補助基準額が年額374万4000円が430万6000円にアップ。運営ならびに処遇改善につながる。」

・西郷隆盛青空テーマ館in延岡
・かわまち交流館の器具購入費
・中心市街地活性化プロジェクト事業費増額
・東海中学校プール建設事業の屋内温水から屋外プールへ変更
・台風18号等による災害復旧費追加

等々

写真は、来年のオススメ情報!!です。
posted by うちだりさ at 09:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワーキングスタディ

DSC_7511.JPGDSC_7518.JPGDSC_7532.JPGDSC_7520.JPG

宮崎県は、高校生の県内就職率は2年連続で全国最下位。せっかく就職しても、3年以内に辞める若者が44%もいると言います。
延岡市の市民所得は、平成25年度で220万6000円。(人口約12万2000人)
そのような中、延岡中学校の新たな取り組み、「ワーキングスタディ」を見学させていただきました。
県内13の専門学校の先生たちが、クラスを選んだ1・2年生を対象に授業をしてくださります。
大学に行くより、資格を取るのも就職に近道かも!第一線で活躍できるチャンスであり、何より地元で勉強できます。
全クラスを見学しましたが、自動車整備からネイリスト、介護、看護、栄養士、プログラマー、ドッグトレーナーなど、面白い、面白い!!!
これは、学校の先生たちにとっても視野がさらに広がり、とても良い取り組みに感じます。専門学校側も、メリットがありそうですね。
今、あらゆる業種で人材不足により廃業する企業が増えています。「専門」に光をあて、子どものうちから様々な業種に触れること、魅力を発見させること、そして可能であれば若いうちから技術を磨くこと、大事ですね。
応援していきたいです。
posted by うちだりさ at 08:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする