2018年12月23日

涙が止まらんかったです。

_20181223_052809.JPG_20181223_052832.JPGDSC_8933.JPGDSC_8927.JPG

「子どもたちに夢を、豊かな感受性を。」

今月のenにも載っていましたが、しばらく休憩される「おやこ劇場」主催の公演に、次男と行ってきました。
今は高校生になっている長男が小学1年の時から会員なので、行けなかったチケットもたくさん溜まり、友だちたちを誘い観賞しました。

42年間の活動により、たくさんの子どもたちが影響を受け、可能性をたくさん引き出してもらったことでしょう。
「おやこ劇場」の皆様、ありがとうございました。
私も、楽しかったです。

今回の劇団うりんこの「夜中の落語」は、自分と重なるところが多々あり、みんなが笑ってる中、泣いてしまいました。
そして、気楽に子どもと参加できる公演の観賞が無くなってしまう寂しさがありました。

こういった、ママたちが活動する団体が消えていく失望感たるや。今を生きる親子たちには、このような活動はマッチしないのかな。活動形態が受け入れられないのかな。私たちのアピールが不足しているのか。

今回も、子どもたちの無邪気な笑い声がたくさん、響き渡っていました。
これに、涙が止まらんかったんだなー。
posted by うちだりさ at 05:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする