2019年07月10日

40歳から介護予防が必要!

FB_IMG_1562740046724.jpgFB_IMG_1562740050186.jpgFB_IMG_1562740052768.jpgFB_IMG_1562740056030.jpg

初めての県内調査に参加しています。昨日は、宮崎県南を調査させていただきました。

日南市の「リハステップ郷」は、ジム機能を持つデイサービスです。運動しながらリハビリを続けることにより、全国平均より高く介護度が改善される結果も。事業所評価加算にしっかり反映されるよう、また、40歳から介護予防を意識することなど、課題が見えました。

次に、就労継続支援B型事業所「ひなこみち」さんへ。
平成27年から農家さんと契約し農福連携を行い、4年間で売り上げが3倍。時給は宮崎県内250〜500円が平均のところ 545円払えるようになっているそうです。
「にちなんスイッチ」の取り組みは興味深かったです。内容は写真のチラシの通り。5〜6事業所がタッグを組んで、共同で仕事を受けているそうです。時給がアップするよう、働きがいのある仕事づくりに頑張っていただきたいです。

次に、「県立日南病院」へ。
院長、副院長はじめ、スタッフの皆様が調査に応じていただき、時間が足りなくなるくらいじっくりと調査をさせていただきました。
注目の地域総合医育成サテライトセンターについては、3年間のトレーニングにより1人、3人と地域病院に勤務いただく先生が増えているそうで、院長からも非常に良かったというコメントが。
私からは、認定看護師と院内保育施設について質問させていただきました。
認定看護師については、手当てが低いことが分かり、資格を取るご苦労も分かりました。院内保育施設には、毎月3〜5名の利用がありますが、女性医師の利用はあるものの、女性医師確保にまでは至っていないようでした。

百聞は一見にしかず。
まだまだ、県内調査は続きます。
posted by うちだりさ at 15:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする