2020年02月04日

ジャンボタニシでお困りの方は↓↓↓

DSC_6890.JPGDSC_6886.JPG_20200204_223350.JPG_20200204_223407.JPG

今日は、にっくきジャンボタニシの防除対策等研修会に参加しました。(同じジャンボなので、なぜか同情してしまいますが。。。)
講師は、宮崎県農業経営支援課 病害虫担当専技の後藤さんです。

田んぼの嫌われもの、ジャンボタニシ。柔らかい水稲苗の小さい時期を好んで食べるんです。
このタニシは、南米から台湾へ、台湾から日本へと運ばれたようです。日本海側にいないのは、寒さに弱いから。15℃以下で弱り、30℃前後が一番元気。乾燥には強く、蓋をしっかり閉じる。水なしで半年は生きる。卵は水に弱い。寿命は2年。

以前、視察で埼玉県の農研機構へ行った際、ジャンボタニシ駆除の質問をしましたら、
「乾田直播が一番最適で、乾田状態では貝の被害が生じない。湛水直播栽培では、播種時の貝密度を低下させ、落水処理を主体とした播種後の圃場管理の併用がよい。傷に弱いため、土の硬いときにピッチを小さくして一気にロータリー耕転すると、殻に傷がつき、殺貝する。(((^_^;)
さらに、石灰窒素を散布し貝を減らす。100%の殺貝はないので、落水処理などで貝対策を行う必要がある。」
と、教えていただきました。

ジャンボタニシでお悩みの方は、「農研機構」「スクミリンゴガイ(ジャンボタニシ)」と検索して下さい。九州沖縄農業研究センターがまとめています。
posted by うちだりさ at 22:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

延岡市の郷土料理「八杯汁」

DSC_6879.JPGDSC_6881.JPG_20200204_203808.JPG

「のべおか八杯汁の会」の甲斐さんが、八杯汁のレトルト食品を完成させました。
私も、八杯汁を伝承する活動をしていましたが、ジャパンカレーの甲斐さんより、嬉しい情報をいただき興奮しました!!

商品の名前は「延岡内藤藩御家中料理 八杯汁」。
延岡市内の道の駅などで2月中旬より発売します。
八杯汁は、旧延岡藩主・内藤家が福島県いわき市から伝えたと言われる郷土料理です。今でもいわき市で精進料理として食べられています。内藤藩は大分県由布市まで治めていましたので、由布市にも八杯汁が伝えられています。
甲斐さんが3年前から行政やレトルト食品製造会社などと相談しながら、県の「2018年度フードビジネスブラッシュアップ支援体制構築事業」の支援を得て、完成させたそうです。

1パック、税別380円。
お買い求め下さい。
posted by うちだりさ at 20:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子育てしやすい社会って、なに?

_20200203_174753.JPGDSC_6865.JPG

宮崎県幼保教育懇話会に出席。
幼稚園教諭、保育士の先生方の社会的地位が、低すぎる!
私の考えですが。。。

子どもの数は年々減っているのに、園児の数は増える一方。働かないと子どもを育てられない・産めない家庭が増加。子どもを預けないと働けない。預けないと収入が減る。。。
保育士、幼稚園教諭は所得が低い。退職金も少ない。
それでも、子どもたちのために使命感を持ち働く先生たち。そして運営する園。

政治は何をしないといけないのか。
子どもたちの目線で、子育て中のパパママの目線で、先生たちの目線で。
目をそらさず県政を見ていきたい。
posted by うちだりさ at 00:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする