2020年03月17日

延岡市には、マスクの備蓄が何枚あるの?

DSC_7391.JPGDSC_7395.JPGDSC_7397.JPGDSC_7399.JPG

女性議員の質問が立て続けに行われるので、朝から日南市議会のライブ中継を見ています。
質問中、質問内容にある現場の映像が流れます。映像を見ながら、議員が説明をします。
百聞は一見にしかず。。。

私は、延岡市議会の議会改革特別委員会で、議会質問で口頭で現場の説明をするより、プロジェクターで映像を流すと分かりやすいので、新庁舎建設の際には、議場にスクリーンとプロジェクターを設置してはどうか?と提案したことがあります。しかし、議事録に言葉で残さないといけないので、映像は難しいのでは…といった見解から、断念した記憶があります。
日南市は、議会にタブレットも導入されていて、時代に乗っているなーと感じます。
分かりやすくて、とても質問が活きています。

それより、日南市は新型コロナ対策として、医療機関や福祉施設などに備蓄のマスクを配布しているそうです。その数1万6000枚と7万枚。
都城市が6万5000枚。小林市が21万9000枚。
延岡市に、困っている施設や団体がたくさんあるので、備蓄マスクの配布を1週間前からお願いしていますが、備蓄の枚数すら公開していただけません。
他市のように、迅速に対応していただけるように、お願いします。
posted by うちだりさ at 12:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする