2020年10月12日

ステイホームは引きこもりを悪化した。

DSC_0099.JPGDSC_0100.JPGDSC_0102.JPG

新型コロナ対策特別委員会では、午後から門川高校、飫肥中学校、レスパイトサービスあるたす さんと意見交換をさせていただきました。

コロナによる影響…
・学校再開後に学力格差が明らかに。
・不登校予備軍が不登校に。
・子どもの貧困が加速
・家庭支援が急激に減少
・求人が減少
・学習指導員やスクール サポート スタッフの不足
・県内修学旅行に対する県関係からの支援に感謝
・様々な活動が中止される中、伝統芸能「泰平踊り」に地域から140万円の寄付
・部活において、3年生の活躍を後輩たちに見せることができなかった。
等々

届かない声を県政に反映させ、今、落ちついている時に具体的な対策を講じていければと考えます。現場の先生方からご意見を聞くことで、委員のみなさんと文殊の知恵!良い方向へとへと向かいますよう、努力します。

お忙しい中お越しいただいた時間を無駄にしないよう、子どもたちの未来へ、全力で!!
posted by うちだりさ at 23:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

防災庁舎を見学

DSC_0094.JPGDSC_0095.JPGDSC_0096.JPGDSC_0097.JPG

特別委員会の終了後、せっかく延岡市より7名の職員の方々がお越しですので、元副市長(病院局次長)にお手伝いいただき防災庁舎を案内していただきました。
百聞は一見にしかず。
県職員の方々と顔を合わせ、交流することが大事だと思っています。
ご案内いただいた県の皆さまに、感謝申し上げます。
posted by うちだりさ at 23:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

動画



https://www3.nhk.or.jp/lnews/miyazaki/20201012/5060007622.html

本日の新型コロナ対策特別委員会において、延岡市役所と日南市役所にお越しいただき、意見交換をさせていただきました。
私の質問は、延岡市に対して…

・延岡市医師会夜間救急センターでPCR検査を行っているのに、なぜ、検査件数や結果の情報共有が県と十分にできないのか。→医師は必ず都道府県にまず、PCR検査結果を報告しないといけない。
・医師や看護師、検査技師の人材不足とは、県からの財政的な支援も必要なのではないか。→お願いしたい。
・宿泊療養施設で市から保健師など、他の団体から看護師や医師など、夜間や休日手当などは現在までどのような対応をされていたのか。→県に負担していただける方向。
・情報開示について、他市や他県では宮崎より情報を開示していたというが、具体的に教えて欲しい。
posted by うちだりさ at 23:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする