2015年05月30日

太田昭宏国土交通大臣来延

DSC_0288.JPGDSC_0290.JPG


今日は、太田大臣をお迎えして、東九州道 宮崎-大分開通祝賀会が市民体育館で行われました。


太田大臣は、京都大学の学生時代、延岡市に相撲の合宿に来られていたそうで、城山の下の旅館に泊まっていた時の思い出話をされていました。だからこそ、延岡への想いは強く持っておられるそうです。


東九州道開通への感謝や、中央道の新たなる可能性について、道の駅はゆまの支配人や延岡市医師会の先生がお話しされました。


江藤拓代議士は、太田大臣が建設していただければ、必ず大臣の銅像が建ちます!とお話しされました。


熱気に包まれた会場。

約1000人の方々、宮崎県内や大分からもたくさんのお客様が来られて、みんなで想いを伝えることができました。

大臣に対し、熱心にアピールしてこられた延岡市の職員の皆さまに感謝です。
posted by うちだりさ at 23:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。