2015年09月25日

青年議員と本音で語る学生交流会

1443183999412.jpgDSC_2058.JPG


宮崎県議会で開催された「青年議員と本音で語る学生交流会」に出席しました。

学生さんが30〜40名参加されていました。

主催側は、若手県議が6名、市町村議員が5名です。


清山県議が地方議員の現状を生々しく発表。成りたくない職業ランキング2位だという議員。寝ているだけでお金をもらっているなど、イメージが悪いようです。

議員報酬についても話しました。

県庁職員で学生インターンシップを経験されている方の発表。

宮崎大学の2年生が興味深い発表をされました。

「学生の議会傍聴を早急にして欲しい。議員インターンシップも取り組んで欲しい。選挙のシステムを、住民票を移さなくてもいはように、またネット投票をして欲しい。小野寺国会議員の話が上手かったのは、国民に対する姿勢の低さだ。大学側も政治に対する意識を改善しなければ。議員にも、自衛隊の体験研修に参加してもらいたい。人を救いたいという気持ちが大切だと分かった。できるかできないかではなく、やるかやらないかが大切だ。」


若い方に関心を持ってもらえるような取り組み、心掛けたいです。
posted by うちだりさ at 17:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。