2016年10月20日

つばめいと事業

DSC_0511.JPGDSC_0514.JPGDSC_0529.JPG

調査最終日、新潟県燕市で「東京つばめいと事業」、「つばコンdeハッピー∞プロジェクト」、「燕市ダーツの旅」の説明を受けました。
これらの目的は、燕市への移住定住を促進させるためのもの。
燕市は「金属加工のまち」で、工業都市でもある強みがありました。東京オリンピックに向け、優れた製品、例えば、スプーン・フォーク・ナイフに主要産地で、金属洋食器国内出荷率95%以上でNo.1。タンブラーやビール樽、チタンカップから宇宙産業までと、何でも磨いちゃう最先端をいく産業が多くあります。
燕市出身の首都圏在住の若者を繋ぎ止める事業がたくさん、組まれていました。また、燕市在住の若者で会議を開きながら、Uターン戦略へ10のプロジェクトを立ち上げ活動も。
企業と学生を繋ぐ市内インターンシップや首都圏のワークショップ。短期、長期滞在型のインターンシップ。大学生のほごしゃ向けセミナー、企業バスツアー、中高生と市内企業パンフレット作成、花火大会でつばコン、cafe婚、友活party、youtubeで「燕市ダーツの旅」など。
雇用があるのが強みですね。事業としては立ち上げたばかりということでしたが、移住相談4名。移住者2名。婚カツも実績があり、それぞれカップル数が4割超え。昨年は成婚3組。

課長をはじめ主査の方まで4名でご説明いただき、議会事務局職員や議長までもがおもてなしの精神が素晴らしく、やる気に満ちていました。
確かに、住んでみたくなる街かもしれません。
ちなみに、移住家族には100万円、定住家族に50万円補助金がいただけるそうです。
posted by うちだりさ at 06:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。