2016年11月29日

日本に3つの「畳堤」!

DSC_2022.JPGDSC_2026.JPG

昭和初期に建設された「畳堤」。当時は、町が台風などで氾濫しないように「特殊堤防」として市民の命や財産を守ってきたそうです。2000mの長さに1000枚の畳。
この「畳堤」を守る活動を行っていたのは、畳堤を守る会初代会長の西本さん。西本さんから木原万里子さんに代わり、「畳堤」は全国に3つしかなく、延岡市の「畳堤」が最古のものであることなど、守る会や国交省、工業高校、岡富中学校などの取り組みで、市民に知られるようになってきました。

防災意識の高さの象徴に!ということで、林田石材さんが製作した石像のお披露目が行われました。
posted by うちだりさ at 01:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。