2017年04月04日

小倉處平と延岡神話を全国へ

DSC_7959.JPGDSC_8000.JPGDSC_8003.JPG

NHK本社へ要望活動を行ってきました。
延岡神話と西郷隆盛、そして小倉處平を何卒、NHK様にクローズアップしていただきたい…との願いから、様々な提案をいたしました。
まずは、西郷の精神を継ぎ、西南戦争へ参戦し負傷、そして首を切り北川町俵野で自殺した小倉處平。小村寿太郎や井上毅を弟子として可愛がっていたという、将来有望であった方です。この方を大河ドラマ「西郷どん」に登場させていただけないか…といった提案。
時空を超えたニニギノミコトと西郷隆盛の出逢いの聖地である延岡市を、まずは知っていただきたく、延岡市観光協会会長が説明をされました。そして、延岡市の魅力を「ぶらタモリ」など、様々な番組で取り上げていただけないか。

私からは、延岡市が作った日向神話の本舞台パンフレットと、神話の実行委員会で作ったパンフレットと英語版絵本を配らせていただきました。
日本放送協会専務理事はじめ理事の方々のコメントをいただきました。延岡市の神話を含め、初めて聞く話がたくさんあった、と。田原坂の決戦などは明白に分かるが、延岡での最後の決戦は、なぜか分からないことが多かったが、今日の話はとても興味深い、と。
まだ、NHK大河ドラマ「西郷どん」は西郷隆盛の幼少期が書き上がったぐらいなので、これから今日の提案は検討したい、と。
「ぶらタモリ」は、来年まで予定が詰まっているが、いろいろと検討させていただきたい、と。

江藤拓先生と松下新平先生にも挨拶いただき、私たちの想いをさらに深めていただきました。
大変お世話になりました。
努力は実を結ぶと思います。
posted by うちだりさ at 17:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。