2017年04月11日

チーム学校

1491770261677.jpgDSC_7070.JPGDSC_7076.JPGDSC_7065.JPG

ちょっと時間が空いたので、最近の活動を。。。
先月の末、自民党女性局宮崎支部のセミナーに参加しました。講師は、宮川典子 衆議院議員。山梨学院大学の中高年で5年間、教師てしての経験もある代議士です。
「チーム学校が切り拓く明るい未来」と題して、地域が学校をサポートする「チーム学校」を国会で通すために、様々な提案をされていたす。
担任は、担任の仕事だけにしてあげたい…と。学校に2名しかいない事務員を増やしたら、担任の雑用などが減り、担任としての仕事に集中できる。スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーを全校配置。スクールローヤー(弁護士)も必要になるだろう。
地域の方々が、もっと入りやすい学校を作り上げたいとおっしゃっていました。

私は、1.小中学校の部活動指導者についてと、2.教育委員会が予算を獲得するためのコツを質問しました。
答えは、1については、「地域スポーツ」の導入を提案されました。地域で教えてくれる方がいたら、研修を踏まえて指導をしていただくといったもの。宮崎市議の脇谷局長によれば、宮崎市は、授業の体育も部外者(地域の方)が全体の半分は指導されているそう。
2については、学校独自で使える予算(例えば1000万円)を予算化して学校に運営していただくといった考え。校長の裁量権をフルに発揮していただく。そうすれば、コスト感覚を持ってくれるのでは…と。私学は、コピー用紙や光熱費など、1円でも無駄にしないよう、かなり辛抱している…と。

チーム学校の延岡バージョンを、先生方のご意見をしっかり伺いながら、つくりたいですね。
posted by うちだりさ at 17:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。