2017年08月31日

もう1つの防災

DSC_4592.JPGDSC_4597.JPGDSC_4602.JPGDSC_4607.JPG

昨日は、延岡ロータリー卓話に防災推進員の黒田修さんに来ていただきました。黒田さんは、元航空自衛隊で日本の空を守ってこられました。
そこで、タイムリーな「日本を取り巻く安全保障環境」について講演いただきました。

国内28ヵ所、24時間体勢で日本を守る航空自衛隊。中国の経済成長と共に、ロシア機や中国機が日本の南を中心にスクランブルしている回数がかなり増えています。日本周辺を年に1168回、特に南(沖縄)を803回ですよ!1日に約4回も日本周辺を飛んでるんです。

何のために、中国やロシアの飛行機が飛んでるの?
@ 日本の情報収集(携帯など。電波妨害含む)
A 一番効果的なルート探し。
B 若手パイロットの育成。ナビゲーションフライト。
C バーチャル攻撃
日本周辺で訓練をするロシアや中国。日本は、攻撃できないので、訓練がしやすいようである。。。

日本をどう、守っていくのか。
外交努力、自衛隊、アメリカや韓国に頼しかない。
黒田さんより、北朝鮮のミサイルが脅威であること、発射され向かってきた際のサイレンを会場で流していただき、身の安全の取り方(写真を参考に!)など教えていただきました。
そもそも韓国は、対策として逃げる地下があるが、日本にはほとんどないことなど、課題についても聞かせていただきました。

凄く興味深い内容で、大好評でした。
感心が高いってことでしょうね。延岡市役所に自衛隊OBがいるありがたさ、感じました。
posted by うちだりさ at 22:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。