2017年11月26日

この国を守る

DSC_8005.JPGDSC_8010.JPGDSC_8013.JPGDSC_8014.JPG

今日は、自民党青年局の研修会参加のため、宮崎市へ。イベントが重なり、ご案内いただいてるいくつかの会に参加できず、申し訳ありませんでした。

ニューリーダー育成塾では、元五ヶ瀬町長の飯干辰巳氏より「地域社会を担う若者たちへ」でした。
目的と手段を常に意識し、戦略と戦術を持って思ったら…やる!魅力がその人にあるか…が大事。

もう一方、参議院議員の宇都隆史氏。「憲法改正と日本の安全保障」でした。宇都先生は、防衛大学校から自衛隊、松下政経塾から参議院議員に。

国の存在は、「国民」「領土」「主権」より成り立っている。今の立憲主義は、国を話し合いで守り、有事には自衛隊が国民を守り、誰かがやられるまで軍事は使えず、誰かが死ぬまでは戦えない憲法となっている。
戦争が終わったのは1952年4月28日である。サンフランシスコ和平条約から主権が日本に戻ってきた。1945年8月15日の停戦から6年7ヶ月は主権はアメリカにあった。1954年7月1日に自衛隊が発足し守る力となったが、果たして北朝鮮に対して圧力になっているのか。

自衛官が本当に守りたいのは、この国の平和です。。。
posted by うちだりさ at 10:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。