2019年07月13日

女性は太陽

DSC_0489.JPGDSC_0488.JPG

クラブ稲葉のママ 白坂亜紀さんの講演より、女性らしさのテクニックを習いました。(笑)

銀座は、日本の男性の懐の深さでなりたっている。夜の銀座は日本文化の象徴である。

一流の男性は誰に対してもフラット。態度を変えない。

渡辺淳一は、銀座が原動力であった。 銀座は、男のステイタスだった。男性は、くどかなければ、必ずモテる。ガツガツしない男の余裕が必要。プロは、言葉にしない美意識がある。

ボランティアは、してやるんじゃない。させていただくんだ。見返りは求めない。

今、品格のあるリーダーが必要だ。

女性活躍世代について考えるのは、女性は男女平等と言って、肩の力の入っている方がいる。例えば、男性に任せず重い荷物を持つ。それは意外と評価されない。もっと肩の力を抜いて良い。

持ってもらう 調和力。

女性を守る日本人らしい男女の役割分担を。相手を不愉快にさせず、しなやかな賢さを!

太陽が一番大事な神様であった。太陽は、お母さんのこと。女性は、太陽のように輝かないといけない。

宮崎の女性が太陽のように輝ける環境を作っていきたいです。
posted by うちだりさ at 15:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。