2020年02月12日

共生

DSC_7009.JPGDSC_7005.JPGDSC_7006.JPGDSC_7003.JPG

1980年設立、宮崎キヤノンの新工場を視察させていただきました。
キヤノンと言えば、初代社長である御手洗毅さんが大分県蒲江出身なのは有名です。
昨年8月から操業開始した高鍋工場は、キヤノンの企業理念である『共生』をモットーに、共生に根ざした企業活動に取り組み、例えば近くの河川敷で清掃活動などの環境美化活動や、小中学校へ出前授業やジュニアフォトグラファーズ、インターンシップを実施しています。
また、従業員1107名、平均年齢34歳、2019年新卒者は県内62名、うち西都児湯郡で16名と、宮崎県にとても貢献していただいています。

工場の中は、とても綺麗です。カメラ、ビデオカメラ、コピー機がメインですが、これからは、防犯カメラや車載カメラなど、あらたなる挑戦へ意欲的でした。
「世界の繁栄と人類の幸福のために貢献していくこと」をめざし、共生の実現に向けて努力を続けるキヤノン、魅力的です。
posted by うちだりさ at 20:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。