2017年04月04日

御陵祭

DSC_7838.JPGDSC_7835.JPGDSC_7845.JPG

北川町俵野に来ています。
ニニギノミコト御陵墓参考地にて、毎年開催され地元の方々に伝承されています、御陵祭です。

この御陵墓参考地は宮内庁が管理している古墳ですが、神様で最初に寿命を授かったニニギノミコトのお墓です。
日本最古のお墓が、ここ、延岡市北川町にあります。
こちらの古墳が、雄狭穂塚。
雌狭穂塚も近くにあります。
今日は、西郷隆盛が吟った詩吟の披露、神楽、餅まきも行われました。
posted by うちだりさ at 07:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

九州一の花火大会

DSC_7692.JPG1491142297227.jpgDSC_7687.JPGDSC_7667.JPG

私が花火大会の部会長をさせていただいた時、ワキノアートファクトリーさんと南国花火さんに花火をあげていただきました。
昨日は、家族でワキノアートファクトリーさんがあげる「ハウステンボス 春の九州一花火大会」へ行ってきました。
桟敷席 1人9000円!
両親や子どもたち7人で、花火を感応してきました。
音楽花火、演出が流石でした。
春日やざきやま、なおみ、ローラ、ジャニーズなど、芸能人もたくさん来られていたようです。ハウステンボス、大人気ですね。
posted by うちだりさ at 07:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

城山のイルミネーション

DSC_7566.JPGDSC_7569.JPGDSC_7574.JPGDSC_7577.JPG

延岡市「城山」のイルミネーション、キレイでした。音楽も流れていて、演出が良かったです。ご準備された方々、大変でしたでしょう。お陰さまで、息子たちと楽しく夜の散歩ができました。

桜の開花が遅れていますが、花見をされている方もチラホラ。満開の時期に、また来よう!
posted by うちだりさ at 07:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これからも、よろしくお願いします!

DSC_7534.JPGDSC_7536.JPGDSC_7551.JPGDSC_7557.JPG

とうとう、岩本真一副市長とのお別れの時が来ました。これまで、原田前々副市長、野口前副市長のお別れも寂しかったですが、岩本副市長とも涙のお別れです。

副市長の涙、これまで延岡での2年間のご苦労が垣間見えた感じがしました。私も、悲しかったです。挨拶の中で、「延岡の1級を!」とありました。先日の高橋勝栄さんの話を活かしていただいてるんだと、嬉しくなります。

最後は「祭」で元気にお別れです。
これからも、延岡市をよろしくお願いします。
posted by うちだりさ at 07:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

野菜の収穫

DSC_7281.JPGDSC_7346.JPG

宮崎県延岡市北方町「斧農園」さんにて、野菜の収穫や種まきを体験し、その場でたくさんのお野菜たちをいただきました。
有機栽培、無農薬の野菜たち。
家族やお友だち家族も大喜び。子どもたちに、食べれる喜びを感じてもらえたなら、連れていった甲斐がありました。
何と言っても、空気が美味しい。
子どもたちの笑い声が、どこまでも響き渡ります。

恵まれた大地に感謝し、生産者とシェフ、生産者と活かす人たちとの繋がりを応援します。
posted by うちだりさ at 22:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮崎キャビア

DSC_7445.JPGDSC_7451.JPGDSC_7467.JPG

「宮崎キャビアと獺祭の夕べ」

延岡市北川町からスタートしたチョウザメの養殖。随分立派になって「宮崎キャビア」として延岡市民に堪能していただきました。
キャビアの応援を兼ね、参加させていただきました。
「獺祭」も、磨き二割三分に三割九分、大吟醸、シャンパン、その先へ。

キャビアを口に含み二割三分を飲む。宮崎ならではのメニューたち。楽しみ方はたくさんありました。

獺祭は、ふじはら酒店で取り扱っているそうです。
宮崎キャビアは、ぜひ、延岡市内で販売できるようにして欲しいですね。

次は、宮崎キャビアを延岡の三蔵で味わってみたいですね。
posted by うちだりさ at 22:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅立ちの時期

DSC_7000.JPGDSC_7081.JPG_20170320_213000.JPG

卒業、旅立ちの時期は、嬉しさや寂しさが入り交じっております。
我が母校である東小学校では、120名の生徒が卒業されました。これまでに10,865名が東小を卒業しています。今も変わらぬ「別れのことば」。先生方が歌う「君たちよ」では、自分の時や息子の時が重なりあい、改めて気付く歌詞の深さに涙が止まりません。本当に胸を打ちます。
本当にご卒業、おめでとうございます。

次男が長男に「卒業証書」を書き、手渡しました。何の儀式か分からないけど、突然の行動にウケました。

イオンで行われた「のべおか神話作品展」も、たくさん見ていただけたみたいで、用意したパンフレットが無くなって補充に行きましたほど。
ありがとうございました。
posted by うちだりさ at 11:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

スプリング ハズ カム

received_1306986929382516.jpeg

〈ご案内〉

延岡出身 本田誠人さんが映画の脚本を手掛けました
そしてその映画が4/1(土)〜7(金)まで延岡シネマにて上映されます!

【舞台挨拶付き上映会】
4月5日(水)
●15:10開場
●舞台挨拶15:30〜15:50
●映画上映15:50〜17:50

舞台挨拶は、映画の主演で今一番チケットが取れない落語家「柳家喬太郎師匠」と「本田誠人」さんが登壇されます!

舞台挨拶チケットは、延岡シネマか生活の絵本さんへ!
「スプリング、ハズ、カム」行かなくちゃ!!
posted by うちだりさ at 16:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

殺処分ゼロへ向けて

FB_IMG_1489979201988.jpgDSC_6971.JPGDSC_6967.JPG

3月の代表質問にて、「犬・猫の殺処分」、「ペット同行避難」について質問しました。

現在、保健所が犬や猫の引き取りを拒否できるようになっているのをご存知でしょうか?
そのため、特に猫の殺処分数が少なくなっています。ということは、裏を返せば野良猫が増えていることが考えられるのです。
では、延岡市において、犬・猫の殺処分数はどのくらいかご存知でしょうか?
胸が苦しくなりますが、、、
平成26年の犬の捕獲が126頭、殺処分が53頭。
猫の捕獲が281頭、殺処分が272頭。
平成27年が犬の殺処分が42頭、猫が130頭。
啓発の意味も込め、保健所は泣く泣く引き取りを拒否しているのです。
増える孤児の犬を、どうすればいいのか。
増える野良猫を、どうすればいいのか。
殺処分をゼロにするには…。

愛護団体の方々は決断しました。
猫の避妊去勢手術を行う…と。

避妊には、お金がかかります。

猫TNRの方々により、83匹もの猫に避妊手術ができたそうです。延岡市にもご協力いただき、浦城の学校跡地をお借りできました。獣医師の協力もあり、補助も使い、格安で手術できたようでした。

今回、息子たちを連れて、見学をさせていただきました。生き物の命について、家族で考えました。
皆様に、殺処分ゼロに向けてのご協力やご理解をいただき、全国的な活動へと繋がるように、願います。
posted by うちだりさ at 23:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

看護連盟

DSC_6851.JPGDSC_6855.JPGDSC_6892.JPGDSC_6899.JPG

宮崎県看護連盟青年部主催の「第6回 ポリナビワークショップin宮崎」が宮崎市で開催され、長峯誠参議院議員、清山知憲県議に続き私も挨拶をさせていただきました。
宮崎県内には約2万人の看護師がいらっしゃるそうで、その内 看護連盟には2434名(20代 24.1%、30代 29%、40代 24.9%)が所属し、若い看護師が多い政治団体です。
講演の中で勉強になったことが。
例えば、病院でお薬をもらう時、「管理指導料」が加算されているのをご存知でしょうか?2015年3月までは、お薬手帳がある場合は指導料が410円、ない場合は340円だったのが、改訂されたことにより2016年4月からお薬手帳がある場合は380円、ない場合は500円と指導料が逆転したそうです。
私は、災害の時には必ず「お薬手帳」を持っていくようにアドバイスしていますが、業務上、この手帳は薬の調合や医療費の削減など含め医師にも患者様にも大切なコミュニケーションツールになるようです。持参するよう、心掛けましょう。

さて、看護連盟推薦の石田昌宏参議院議員の講演は興味深い内容でした。
2045年問題についてでした。
AIです。
昨年3月、囲碁がコンピューターに負けたことにより、コンピューターが人間を上回る日が早くやって来るかもしれない…と。レントゲンの画像診断、ガンを発見する細胞診もコンピューターの方が上回ってきた。脈も血糖値も、患者のトイレに行くタイミングさえコンピューターで分かる。田舎に医師がいなくても、カメラがあれば遠隔で診断できる。
では看護師はどうすればいいのか。
原点に戻るべきである。
記録をとる時間よりも、患者と散歩するべきだ。看護師はナースステーションでなく病棟にいるべき。コンピューターにはできないことを!ベッドサイドで経験をつみ、良いナースになろう!

看護連盟が作った「認知症ケア加算」や回想療法、院内デイケアなど、国も目を見張る活動ができている。
原点に戻ろう。
posted by うちだりさ at 21:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする