2017年02月02日

青い鳥賞

DSC_4925.JPGDSC_4946.JPG

今日は、須美江出身の甲斐さんと、須美江から浦城に抜ける道の清掃をしました。
実は甲斐さんは、住まいは桜ヶ丘なのですが、須美江出身ということで、仕事を退職してからの20年以上ずっと須美江の街を1人、ボランティアで清掃を続けているんです。

時には草刈り、時には植樹、時には不法投棄を身銭で有料ゴミとして捨てに行ったり。

世の中には、見返りなど求めず、生まれ育った故郷のため、自分の時間や身銭まで、そして残りの人生を注ごうとされる方がいるんですね。
年齢の若い私まで、ピュアな気持ちになりました。心を打たれました。
素晴らしい生き方だと思います。
大切に、その道を通ろうと思います。
posted by うちだりさ at 22:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やってみせ!

DSC_4896.JPGDSC_4905.JPGDSC_4908.JPGDSC_4910.JPG

教育の基本は、「やってみせて、やらせてみせて。」

昨日の堀田龍也教授(東北大学大学院 情報科学研究科)の講演より。
『教育の情報化の現状と課題』

言葉だけで授業をやっていると分からないけど、実物投影機で先生が「やってみせ」をすると、指示が明確に飛ばせるんですね。授業がとてもスムーズだと思います。もちろん、黒板も使いますし、生徒はノートも使います。

実物投影機やプロジェクターを使うことによって、先生が生徒と向き合った授業になるので、黒板に書きながら生徒にお尻を向けてる時間が短くなります。
私たちの日常生活と同じで、教育現場もデジタルとアナログは共存します。

教授は、「より分かりやすく、よりリアリティーを持って授業をする。」ことを、プロ野球に例えられました。
球場でのスクリーンには、肉眼でなかなか見えない選手を大きく映し出されます。歓声はマイクで拾い電光掲示板を見れば試合展開も分かります。
授業も演出なんだ…と。
勉強が好きになること!学び方を学ぶのが、義務教育の基本です。

全ての教室に同じ物があるのがポイント!
ただし、生徒たちが、教わる姿勢をきちんと持っていないとICT教育は失敗する…と。

授業は、分からない子が分かるようにしてあげないといけません。発達支援の児童には、先生の話を聞くだけではなかなか理解できない事がありますが、見たら分かるんです。ですから、実物投影機などを活かすことは有効だと思いました。

延岡市の教育用パソコン1台あたりの生徒数は、12人に1台で宮崎県内で最低です。これは、全国1817自治体の中で1753番目と、目も当てられない状況。(>_<)
センター試験もタブレットが使われるようになります。今の中学2年生から該当します。

やる気満々の先生方のモチベーションをアップさせること、生徒が勉強が好きだ、授業が楽しい、延岡市で勉強したい!と思えるような環境整備、授業力を高めることが急がれます。

最後、質問させていただきました。
「延岡の学校では、PTA予算を使ってまでもICT整備している現状で、教育委員会は5年かけて整備しようとしていること、議会は1年でも早く整備をして欲しいと思っていて、待って3年。予算ありきなので、実物投影機と大型掲示装置を小中学校にどのように整備をしていけば、一番スムーズにいくのか、教えて欲しい。」

すると先生の答えは、
「やる気、準備ができている学校から整備をしてあげるのが良い。やる気のある学校ごとに校長先生がコンペして、準備ができている学校から整備をしていけばいい」
とおっしゃられました。
びっくり仰天!
でも、導入がスムーズでいいですね。

先生、ありがとうございました。
議員からも記者からも、高好評。もっとたくさんの関係者に聞いていただきたい内容でしたが、我々が頑張ります。
posted by うちだりさ at 08:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

全てがここから始まる

1485693691501.jpg_20170129_214605.JPG_20170129_214621.JPGDSC_4800.JPG

「全てがここから始まる」

ドラマチック古事記特別編
出逢いの聖地 延岡
「ニニギノミコトとコノハナサクヤヒメ 恋物語」

竹田恒泰さんの講演からの、日向市出身 西島数博さんのsuper神話音楽劇、日本で最初のラブストーリーを、歌とダンス、太鼓、マークエステルさんの絵画で表現していただきました。竹田さんのトークとのマッチングが、本当に素晴らしかった!

何度も繰り返される歌の歌詞に、「全てがここから始まる」「全てがここから始まる」とありました。
涙が出そうになりました。

今、延岡にいること、本当に嬉しく思います。

日本の始まりの地にいる誇り、改めて両親や祖先に感謝です。
延岡観光協会80周年、おめでとうございます。
posted by うちだりさ at 00:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

運命的な出逢い

DSC_4768.JPG1485693696462.jpgDSC_4756.JPG

昨日、出逢いの聖地延岡で、時空を超えた運命的な出逢いがありました。

明治天皇の玄孫である竹田恒泰さんと、西郷隆盛のひ孫である西郷隆夫さん。。。

〜時は明治10年、8月のこと。
西郷隆盛率いる薩軍は、延岡の和田越で政府軍と最後の激戦の後、北川町のニニギノミコトが眠る地、俵野の児玉熊四郎邸に宿陣しました。それは、政府軍が天皇家のお墓に向け発砲できないことが分かっていたからではないか。
そして、数日考えた末、解散布告令を出し、明治天皇からいただいた陸軍大将の軍服をニニギノミコトのお墓のあるこの地で焼き、反乱軍の将としてのけじめをつけました。そうして、西南戦争は事実上終わりました。

天皇家のお墓の前で、明治天皇からいただいた陸軍大将の軍服を焼いた西郷隆盛。

昨日は、明治天皇と西郷隆盛のご子孫が延岡の地にて、時空を超えた運命的な出逢いを果たされました。

私は、歴史的な空間を共にでき、最高に幸せでした。文化センターにお越しいただいた皆さんも同じ空間を共にしています。
私は、私の子孫にこのことは話していこうと思います。
posted by うちだりさ at 00:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

日本最初のラブストーリーの地

DSC_4748.JPG1485693696462.jpg1485726304616.jpg1485726314782.jpg

昨日は、藤女の会、記紀編纂1300年延岡実行委員会として「観光協会80周年記念」スタッフをさせていただきました。

竹田恒泰さんと西島数博さんのトーク&音楽劇、また2つの懇親会、本当に光栄でした。

「延岡は、日本最初のラブストーリーの地である!」

「人になった天照大神の孫 ニニギノミコトのお墓は、延岡市北川町にある。」

竹田恒泰さんの講演、本当に本当に素晴らしかった。感動しました。
覚えている範囲ですので、簡単にまとめさせていただきます。↓↓↓
たくさんの方に、読んでいただけたらありがたいです。

「神話は、神代と人の世の時代が1つにパッケージされている。日本で最初の恋愛。イザナギとイザナミ。現れた瞬間、夫婦なんです。神様の話です。
日本という国は、天皇がシラス国である。これは、天皇が日本の隅々まで知っている国だ。井上毅(こわし)という日本で頭の良い人5人に入る大日本帝国憲法をつくった方は、明治天皇からご指摘があった。日本とはどんな国か?毅は、大日本帝国は万世一系の天皇これをシラス国である…と言った。天皇は、祈る存在だ。国民が国を支える。天皇は日本を愛する。だから日本は2000年以上続いてきたんだ。天皇と国民は親子のような関係なんだ。
天孫降臨とは、天の孫が地上に降りると書く。アマテラスの孫のニニギノミコトが地上に降りたんだ。だから、天の孫と書く。日本をシラシて来いよと大役を担って降りてきて一番最初にやったのは、ナンパです!!!しかし、そのように見てはいけません。同盟政策をしたんです!ニニギは地上に降りてきたばかり。シラス段階になかったんです。カムヤマトイワレヒコ(神武天皇)が初代天皇です。ニニギのひ孫です。ひ孫の代でやっと統治ができた。ニニギはまず、統治するために良いとこの娘をもらったんです。ニニギは笠沙の御崎でコノハナサクヤビメと出逢って一目惚れ。一言目に何と言ったか。『あなたは誰の娘か?』普通ありえない。いきなり誰の娘かと聞くか?統治するためですよ。同盟政策なんですよ。するとコノハナサクヤビメは答えた。『オオヤマツミノカミの子です。』と。キターーーーーーッ!!山の神様の子どもですよ!これは、トヨタの娘をもらうようなもんですよ。統治するためには、これはキターーッ!と思いますよね?ニニギはその場で『結婚してくれ!』と言いました。これは日本最初のラブストーリーなんですよ!延岡市的には、ここ、押しましょうよ!延岡市は、日本最初のラブストーリーの地である!と。
コノハナサクヤビメは、父上に相談します。オオヤマツミノカミは『その男はどんな人だったんだ?』と聞きます。父は、天の孫、アマテラスの孫だと聞き、キターーーーーッ!!嫁にイケーーーーッ!と、本人より舞い上がってしまいました。そして、姉のイワナガヒメまで出してしまったんです。姉妹婚は昔ありましたから。美人は3日で飽きる、ブスは噛めば噛むほど味が出ると言いますが、ニニギは外観で判断し、イワナガヒメは醜いと言って、コノハナサクヤビメだけもらって帰ってしまいました。父のオオヤマツミノカミは言霊をかけていました。イワナガヒメには、石のように永遠でありますように…と。祝いの言葉が呪いの言葉になってしまいました。神様は生きている。お宮はアマテラスのご自宅です。しかし、イワナガヒメをふったニニギは、呪いにかかり、寿命が与えられてしまったのです。神様にはお墓はありません。生きているから。しかし、ニニギにはお墓がある。つまりニニギは、人になってしまったのです。ニニギのお墓は、延岡市北川町にあります。つまりこれは、神が人になる物語なのです。神は天皇か人かと聞かれたら、人です。お墓があるからです。ニニギより後は、お墓があります。人です。
イワナガヒメはどうなったのか?人生で初めて醜いと言われたイワナガヒメは、初めて鏡で自分の顔を見て、それはそれは驚き、鏡を投げてしまいました。その鏡を投げてできたのが『白見神社』です。今でも山奥にあります。延岡からそんなに遠くない。
さて、ニニギノミコトの子どものホオリノミコト、延岡市にゆかりある方ですが、海の中の娘と結婚しました。山の次は海ですよ。統治に向かっていますね。ホオリノミコトの子ども、カムヤマトイワレヒコ(神武天皇)は、『八紘一宇』と言った。当時、戦争にあけくれていた。日本国民はみな家族なんだ。戦わず協力しよう!と呼び掛けた。天の孫のそのひ孫が言うことだからと、戦争を止めて皆が家族だとなった国民。シラスの精神。統治の中心は、南九州にあった。
国民のための国家だ!と日本は言いました。
世界は、『国家は、国民の私物です。国王は、俺の国!』なんです。日本は、2000年以上、一度も反乱さえありません。天皇を倒せ!なんて一度もない。
東日本大震災の後、天皇陛下は心臓が悪いのに、ヘリに乗って国民のために被災地を何度も訪れた。祈る存在の国民。毎日、国民の幸せを祈っている存在の国民が災害に遇った。他人事ではないんです。天皇陛下からしたら、国民は家族なんです。だからそこには計算がないんです。避難所では、「生きててくれてありがとう。」皇后陛下も、国民を我が子のように愛しています。確実に代々受け継がれているシラスの精神。
被災者は、泣き出しました。
身内がみんな死んで、生きる希望も無くなり自殺しようと考えたりした被災者が、陛下に会って、生きる望みが沸いたと言うんです。本当に私のことを愛してくれていると思ったと言うんです。私を愛してくれている人が、子の世の中にいたんだ!と思った、と。これは、『理屈じゃない。』と被災者はおっしゃっていました。
陛下は、芝居じゃなく本当に国民を愛しているから、被災者はそう感じたのです。
マッカーサの前に昭和天皇が現れた時、昭和天皇は言った。『国民は私の命令に従っただけだ。だから、私を処刑して下さい。』と。その時マッカーサは感動し、そして思いました。『日本人は家族なんだ。』と。天皇は命を投げ出してでも国民を救うんだ、と。愛する人を救うために命を投げ出すのか、と。
惜しまれながら死んでいくこと。桜も散るから美しい。もっと生きて欲しいと思われる人は、他者のために生きた人です。素晴らしい国になります。道徳の根源もそこにあるんです。
posted by うちだりさ at 08:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

岩戸会

sketch-1485610927267.pngsketch-1485610608481.pngDSC_4676.JPGDSC_4647.JPGsketch-1485610765507.png

高千穂の親戚が、延岡に集結。

余興の打ち合わせなんか、誰もしていないのに。。。(^_^;)
2時間半、ずっと演芸大会。
私は会場を笑わせようと、自信ある十八番を歌ったはずが、叔母からご指導を受ける始末。(-_-;)

時間が足りない…と、二次会場所に大移動。

私の余興好きが、なんだか分かりました。
posted by うちだりさ at 00:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お煮しめの会

1485611179091.jpgDSC_4602.JPGDSC_4631.JPG

「第3回お煮しめの会」
ぽかぽか陽気の中、北川町のぐりゅーんでお煮しめ作り。

食の伝承。
黒田農園、斧農園さんのお野菜も。

ベテランの奥様たちが、楽しく丁寧に北川の煮しめを学びました。
posted by うちだりさ at 00:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特定健診

http://www.city.nobeoka.miyazaki.jp/display.php?cont=120529110526

昨日、特定健診を受けました。
1月31日が締め切りです。まだの方は、ぜひお勧めします。無料ですし簡単な検査なので時間もかからず、受けやすいです。
今年に入って病院を予約したら、数軒目でやっと予約できました。

特定セット健診(ガン検診)は、2月まで受診できますので、病院や施設を探してみて下さい。
posted by うちだりさ at 00:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

郷土愛

1485437904048.jpgDSC_4358.JPGDSC_4381.JPGDSC_4411.JPG

昨夜の「のべおか郷土愛」講演会は、山下新天街の西沢清子さん(山下おかみさん会会長、あゆっこスタンプ会長)をお迎えしての記念すべき第1回目、無事に終わりました。
みっちり2時間の愛情溢れる西沢さんのお話。
感動しました。
47年営んできたご苦労と山下への誇り。
商店街の良さを、西沢さんはこのように語りました。

「もし自分の体調が悪かった時に、お店の人が声をかけてくれますか?山下の人たちは、普通のおじさん、おばさんです。声もかけてくれる。手伝ってもくれる。」
「大型店で1000円、同じ商品を商店街で1500円で売っていたら、あなたはどちらで買いますか?商店街にはアドバイスがある。」
「私たちが売り上げが少ないのは、行政のせいではない。私たちのせいです。」
「タクシーに乗ったときに、『山下の人たちはバカだねー』と言われた。山下で七夕祭りを楽しんで、客は寿屋で買い物していた。」

「山下は一番の商店街です。私は、自覚しています。やっぱり山下が好き。嫌みを言われても山下が好き。」
「山下から郵便ポストを無くしてはいけない。だから、店で切手や葉書を売っています。」
「山下は、延岡の中心です。延岡の商店街です。」

「今までお世話になった商店街。若い人の力が今、一番必要。山下が生まれ変わる。家賃の交渉をします。お店を山下で出してください。」

最後に、西沢さんが発案した「ドライ洗剤」が紹介されました。化粧品原料なので、アイロンがいりません。延岡産の「ドライ洗剤」を使ってみて下さい。
「私が大きくなれば、山下が大きくなる!」

…西沢さん、講演を受けていただきありがとうございました。
夢をみんなで叶えましょう!

来場者がみんなで片付けをしてくれました。
素晴らしい!!
posted by うちだりさ at 01:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

J-1ベガルタ仙台トップ5へ!

DSC_4496.JPGDSC_4545.JPGDSC_4524.JPG_20170126_214108.JPG

今年も、J-1ベガルタ仙台のキャンプが延岡市西階運動公園で行われます。
先ほど、レセプションに参加してきました。
杉本副市長より、「延岡市は晴れの日が多い。快晴日本一になったこともある。天気は記号で白丸。スポーツで白丸は勝ちです!縁起の良い延岡市でのキャンプ、応援します!」
仙台市文化スポーツ部部長より、「今年は延岡市でのキャンプは17年目を迎えました。子どもたちとの交流は13回目です。応援よろしくお願いします。」
4年目 渡邉晋監督より「延岡市に17年目、キャンプも17日間滞在。西階に足を運んで声援を!2月25日開幕しますので、応援をよろしくお願いします。今年は酉年。マスコットも鳥の『ベガッ太君』です。高く飛躍します!」
そして、たくさんの提供品や目録が渡されました。
・仙台市より「仙台みち咲きいちご」と「仙台牛「
・JA延岡より「空飛ぶ新玉ねぎ」と「宮崎はまゆうポーク」
・島浦島漁協より「寒ブリ」
・千徳酒造より日本酒「千徳」
・佐藤酒蔵より「亮天」
・霧島酒造より「宮崎限定霧島」
・キャンプスポンサー93社より「目録」

平山相太選手やシュミット・ダニエル選手の近くに座れ、ラッキーでした♪
posted by うちだりさ at 21:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする